現代の日本では晩婚化が深刻と言われています。

それは結婚適齢期の男女の年収がデフレ経済の影響によって非常に低くなり、なかなか所帯を持つことが出来ない状況にあることも晩婚の一因と言われています。

しかしアラサーやアラフォーで結婚が決まったとしても、女性の中には幼い頃からウェディングドレスに強い憧れを抱き、何とかドレスに袖を通して結婚式を行いと考えている人も多いと言われています。

結婚式スルーニアにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

しかしアラサー、アラフォーで結婚しても世帯年収が300万円前後のことも珍しくなく、盛大な挙式を執り行うことは絶望的だと感じる人も多いといわれています。

しかし現代はこうしたデフレ経済や低所得者カップルに配慮して低コストで結婚式ができるプランが沢山提案されています。

その一つに家族や親戚だけを招待する非常に少人数の小さな結婚式なども最近の人気のプランになっています。



招待客が少なく身内だけで行う挙式は、寂しいように感じますがアットホームで気兼ねなく、非常に満足度の高いものとして年々人気を集めています。

こうした少人数の小さな結婚式であると30万円から50万円前後で執り行うことができ人気となっています。

またさらにコストを抑えたい人はフォトウェディングと言うプランもあります。



実際挙式で使われるチャペルを背景に、ウェディングドレスを着て写真におさめるだけのウェディングプランです。

招待客こそいないものの、両親も写真撮影の様子を見学することができ、一生の記念を残すことができるとして人気になっています。

費用は安いところで10万円前後からあります。