自分の友人や同僚が結婚するとなると、とてもうれしくなります。

結婚式の準備に関して、自分にできることだったら何でも協力したい、と思うものです。

では、新郎新婦から結婚式の際に友人代表のスピーチをしてほしい。
と頼まれたならどうすればいいでしょうか。



それは、よっぽどの理由がない限り断らずに快く引き受けることです。なぜならたくさんいる知人や友人の中から、自分を選んでくれたのですから、スピーチできるのは特権と言えます。



それで、ぜひ引き受けましょう。

しかし、スピーチは何でも話せばいい、という問題ではありません。


新郎新婦が恥ずかしいと思えるような失敗談や過去の話は避けるようにしましょう。また、逆にいくらいい思い出や、新郎新婦をほめるような内容であっても、だらだらとあまりにも長いスピーチですと新郎新婦だけではなく、結婚式に出席している他の出席者達も疲れてしまいます。
それで友人代表のスピーチのコツは、周りの人がスピーチを聞いて幸せな気持ちになるような内容で、かつふさわしい長さにしましょう。

成功するためには、入念な準備が必要です。


本やインターネットで、結婚式の際の友人代表スピーチの手本がのっていますので、その情報をよく読んで参考にしましょう。

さらに、話す内容がまとまったなら、何度も本番に備えてしっかり練習するようにしましょう。そうするなら自信を持って話せます。

ぜひ、思い出に残る結婚式になるようにしましょう。

結婚式スルーニアを調べるならこのサイトです。